痩身・ダイエットとは

image

ダイエットというと食事制限や運動などがありますが、「リバウンドしてしまう」「細くしたい部分が痩せない」といった悩みを抱えている人も多いようです。医療痩身にはマシンによる施術や注射、内服薬によるものなどがあり、食事制限や運動だけではなかなか痩せられない・続かないと感じている方におすすめです。

目次

こんなお悩みに

  • 食事制限や運動ではなかなか痩せない
  • 太もも、お尻などの部分痩せがしたい
  • メリハリのあるボディラインにしたい
  • セルライトを除去したい

痩身・ダイエットとは

ダイエットには大きく分けて「全身痩せ」と「部分痩せ」があり、目的にあわせて行うことがポイントです。

全身痩せ

全身をバランスよく引き締めるためのダイエットです。食事制限による体重減少、運動による筋肉増量などによって全体的にサイズダウンさせます。

部分痩せ

「二の腕を細くしたい」「ウエストにくびれを作りたい」「太ももを細くしたい」など、身体の一部位を引き締めるダイエットです。食事制限では実現が難しいため、痩せたい部分をシェイプアップするための筋トレや運動を行うことが多いです。医療痩身は比較的、部分痩せを得意としています。

体重増加の原因とダイエットのポイント

必要以上に太ったり体重が重くなるのは、消費するカロリーよりも摂取カロリーが多いため、余った脂肪が身体に蓄積されてしまうことが原因です。栄養素のうち特に脂肪になりやすいのが、「炭水化物」や「脂質」「糖分」です。
これらの成分を摂りすぎると、ぜい肉のもととなる中性脂肪が増加します。中性脂肪は糖尿病や高血圧症などの病気を引き起こす原因にもなるため、ため込まないよう注意が必要です。
不要な中性脂肪を減らすため、ダイエット中は体内で余っている中性脂肪を、エネルギーとして使い切る必要があります。食事制限によって主食(炭水化物)を減らしたりお菓子(糖質や糖分)を減らすのはこのためです。また運動によって筋肉を増やすと基礎代謝があがるため、中性脂肪を分解しやすくなります。

施術方法

医療痩身では、マシン治療や注入治療などによって、体内のあまった脂肪を冷却・燃焼・溶解などの方法で体外に排出します。その他にも外科系(脂肪吸引)の施術もあります。

レーザー

痩せたい部位にレーザーや超音波を照射することで脂肪の排出を促す治療などがあります。

EMS・痩身マシーン

低周波治療と同じ原理で身体に微弱な電気や電磁波を流して、筋肉を運動させることで脂肪燃焼を狙う施術です。

想定される副作用・リスク

赤み腫れかゆみ内出血筋肉痛など
価格15,000~150,000円

脂肪冷却

気になる部位の脂肪を冷却・凍結して体外に排出することで脂肪を除去する施術です。

想定される副作用・リスク

赤み腫れかゆみ内出血など
価格40,000~70,000円
注射

脂肪溶解作用や脂肪燃焼作用などのある注射によって痩身効果を期待する治療です。

脂肪溶解注射

植物由来成分の薬剤を注入して溶解・排出し部分的に脂肪を除去する施術です。

想定される副作用・リスク

赤み腫れ内出血など
価格3,000~60,000円

肩・ふくらはぎボトックス

筋肉の収縮を弱める働きがあるボツリヌス菌という細菌の一種から抽出される、たんぱく質の一種を注入することで筋肉の働きを弱め、運動などで発達した肩やふくらはぎの筋肉をひきしめる施術です。

想定される副作用・リスク

腫れ痛みしこり内出血など
価格5,000~100,000円

GLP-1

食欲抑制効果のあるホルモン「GLP-1」を注射し食欲や体重のコントロールを行う施術です。

想定される副作用・リスク

疲労感アレルギー反応むくみ発熱性欲減退など
価格50,000~100,000円
その他の施術

医療痩身には、外科的手術によって脂肪を除去する治療法もあります。