医療脱毛(男性)とは

image

ひげ、もみあげ、腕、足など、ここ数年で脱毛を行っている男性がかなり増えてきています。とくにひげやもみあげは、毎朝ひげ剃りをしている人も多く、日々のわずらわしさから解放されるために医療脱毛を行うケースも増えています。以前よりも脱毛マシンの種類が増えている上に、男性のひげ脱毛や全身脱毛を取り扱う医療機関も増えているため、ますます脱毛をしやすい環境になっています。

目次

こんなお悩みに

  • ムダ毛をなくしたい
  • カミソリ負けに悩んでいる
  • 髭剃りの手間と時間をどうにかしたい
  • デリケートゾーンなど自己処理しにくい部分を綺麗にしたい

男性の医療脱毛とは

脱毛の施術を行う前に、医師が毛の生えている状態を実際に確認した上で、一人ひとりの肌の色や肌質にあわせて最適なマシン設定をした上でレーザーを照射します。医師が肌質や安全性を確認した上でマシンのパワーを設定するため、比較的大きなパワー(出力)で照射することができ、毛の量や部位などにもよりますが、6~10回程度の照射で脱毛を完了することができる点が特長です。

医療脱毛では、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーといったレーザーを使用することが多く、肌の色味や毛の濃さなどにあわせて適したレーザーを選択します。安全性はしっかりと確認を行った上でレーザーを照射するものの、場合によっては術後に火照りや赤み、やけどなどが出てしまう可能性も否めません。そのような際には、医師が肌の状態などを診察し、適切な対応を行います。

なお、男性の医療脱毛で特に人気の部位がひげ脱毛です。毎朝の髭剃りやシェービングのわずらわしさから解放される上に、剃刀負けやシェービングによる切り傷などもなくなるため、時間の短縮・肌のケアという面などで医療脱毛を行う人が多いようです。また、痛みを感じやすい部位については麻酔を使用することも可能です。

医療脱毛の男性特有のポイントとメカニズム

ひげを毎日剃っているのに次から次へと毛が生えてくるのは、毛には「毛周期」という発毛サイクルがあるためです。いつも同じように見える毛ですが、実は定期的に抜け落ちては新しい毛が生えてくるというサイクルを繰り返しています。

医療脱毛では、毛が繰り返し生えてくるサイクルを作り出している製造工場のような部分を破壊することで、再び毛が生えることを防いでいます。毛が何度も何度も生えてくるのは、毛根の一番奥のほうにある「毛母細胞(もうぼさいぼう)」といわれる部分で繰り返し毛が生まれるためです。さらに毛母細胞が活発に働くようにと栄養を与えているのが、毛母細胞のすぐ近くにある「毛乳頭(もうにゅうとう)」という部分です。そして、毛母細胞がちゃんと毛を生やすようにと少し離れたところから指令を出しているのが、毛根の真ん中あたりに存在する「バルジ領域」であるといわれています。医療脱毛では、この3つの部分をレーザーで破壊することで、再び毛が生えてこない状態にしています。

image

施術方法

医療脱毛では、医療機関でのみ使用できるマシンによって施術を行います。

レーザー

脱毛マシンには波長の異なる複数のレーザーがあり、肌質や部位などによって使用するマシンは多少異なります。

アレキサンドライトレーザー

4つの中で最も波長が短いレーザーです。高出力のレーザーを照射するため脱毛効果を感じやすいと言われています。

想定される副作用・リスク

赤み乾燥ほてりなど

ヤグレーザー

4つの中で最も波長が長いため皮膚の奥深くまで光を届けることができます。濃く太いムダ毛に最適でVIOやワキの毛、男性の濃いヒゲにも向いている機器です。日焼けの程度にもよりますが色素に反応しにくいため、日焼けした肌でも脱毛できる点が魅力と言えます。

想定される副作用・リスク

赤み乾燥ほてりなど

ワンショット式ダイオードレーザー

ワンショット式ダイオードレーザー はアレキサンドライトレーザーと同じ仕組みでメラニンに反応する波長のレーザーを使用します。高出力のレーザーを照射するため脱毛効果を感じやすいと言われています。

想定される副作用・リスク

赤み乾燥ほてりなど

蓄熱式ダイオードレーザー

上の3つのレーザーは毛根を破壊する仕組みですが、このレーザーは毛の生成を指令する役割がある毛包を破壊する仕組みです。毛包は毛根より浅い場所にあるため弱い照射出力でダメージを与えることができます。そのため痛みが少なくなっています。

想定される副作用・リスク

赤み乾燥ほてりなど

マシン治療の特長

種類 推奨回数 1回あたりの価格 痛みの程度 ダウンタイム
アレキサンドライトレーザー 8~15回 わきの場合  2,000~15,000円/回
ひげの場合  10,000~25,000円/回
輪ゴムで強くはじいた程度(麻酔の使用も可能) 数時間程度
ヤグレーザー 8~10回 わきの場合  2,000~15,000円/回
ひげの場合  10,000~25,000円/回
脱毛レーザーの中では痛みが強い(麻酔の使用も可能) 数時間程度
ワンショット式ダイオードレーザー 8~12回 わきの場合  2,000~15,000円/回
ひげの場合  10,000~25,000円/回
輪ゴムで軽くはじいた程度 数時間程度
蓄熱式ダイオードレーザー 10~15回 わきの場合  2,000~15,000円/回
ひげの場合  10,000~25,000円/回
輪ゴムで軽くはじいた程度 数時間程度

※その人の状態・機材によって回数・価格など変わります。
※ダウンタイムとは施術を受けてから肌の状態が元の状態に戻るまでの期間のことをさします。