しわ・年齢肌とは

image

目の周辺にできたちりめん状(放射状)の小じわ、額や眉間のしわ、ほうれい線(小鼻から口の両端にできるしわ)は、30代から少しずつ気になり始める人が多いです。しわは、年齢を感じさせる原因になることが多いため、若い頃のハリのある肌を少しでも取り戻したいという際には、しわ専用のケアを行うとよいでしょう。美容医療ではレーザーやヒアルロン酸注入、糸によるリフトアップなど様々な治療法があります。

目次

こんなお悩みに

  • 目尻の小じわが気になる
  • 目元、口元のしわが気になる
  • 額のしわが気になる
  • 眉間のしわが気になる
  • ほうれい線(小鼻から口の両端にできるしわ)が気になる 
  • マリオネットライン(小鼻から口の端を通り顎にできるしわ)が気になる
  • ゴルゴライン(目頭から頬方向にできたしわ)が気になる

しわとは

若い頃の肌には、「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」などの細胞がたくさん含まれており、これらによってくハリやツヤのある肌が作られています。具体的には、肌の弾力を作り出すコラーゲンやエラスチンが細胞を支える柱のような役割を果たしており、その柱の間をゼリー状のヒアルロン酸が埋めつくすことで、細胞が水分を保った状態を維持しています。

image

しかし、年齢を重ねることでこれらの細胞が減少していくと、弾力も水分量も減少していき、細胞の内部がスカスカになって、肌にゆるみやたるみができてしわになります。最初は小さくて細かなしわ(小じわ)ができますが、年齢を重ねていくと次第にしわが深くなっていき、やがて、ほうれい線などの深くくっきりと刻まれたしわへと進行していきます。

しわの種類

・浅くて細かいしわ(小じわ・表皮じわ)
初期段階にできる浅くて細かいしわで、目尻や口元などに細かく薄くたくさんできます。メイクやファンデーションがよれやすい原因となるしわです。

・深くて濃いしわ(真皮じわ)
額、眉間、目の下にできるしわの他、ほうれい線のような深く刻まれたしわがこれに当たります。小じわと違って一つ一つが深く刻まれています。

・表情じわ
笑ったり、しかめっ面をするなど、表情を作った際にできるしわです。表情じわは額、眉間、目尻、顎などに生じます。

image
しわの原因とメカニズム
浅くて細かいしわ(小じわ・表皮じわ)

浅くて細かい初期の頃のしわは「肌の乾燥」が原因です。皮膚の表面にある細胞が、角質や垢となってはがれ落ちる前の段階で、乾燥によってカサカサになってしまい、皮膚表面に細かな断裂ができることで小じわとなります。本来であれば、肌の表面(角質層)には肌を守るためのバリア機能があるのですが、年齢を重ねるとこの肌バリア機能も衰え始め、より乾燥しやすくなってしまいます。

深くて濃いしわ(真皮じわ)

深くて濃いしわには、加齢による「肌の乾燥」の他に「紫外線」も大きく関係しています。紫外線を浴び続けると、肌の弾力のもととなるコラーゲンやエラスチンを傷つけてしまうため、細胞の弾力が低下します。若い頃であれば細胞が元気なため、すぐに新しいコラーゲンやエラスチンを生成することができますが、肌の新陳代謝(ターンオーバー)や細胞の再生能力が衰えてきた状態ではコラーゲンやエラスチンを再び作ることがうまくできず、細胞の弾力が次第に低下し、肌にゆるみやたるみができてしわとなっていきます。

表情じわ

表情じわの原因は上の2つとは異なり、顔にある筋肉(表情筋)が関係しています。若い頃は笑ったり怒ったりしかめっ面をしたり、何かの表情をした時だけしわができますが、次第に年齢を重ねると皮膚が元に戻らなくなり、無表情でもしわが刻まれたままの状態になります。これが表情じわです。

年齢肌とは

年齢を重ねるにつれて生じる様々な肌の衰えを年齢肌といいます。しわに限らず、肌のハリ感(弾力)がなくなるなど、全体的に風船がしぼんだような肌の状態になってきます。これらは30代以降で感じ始めることが多いです。

年齢肌の原因とメカニズム

加齢によって肌細胞のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少してくると、細胞の内部を満たしていた成分が少なくなるため次第に肌にハリがなくなっていきます。ハリがなくなると細胞の壁にはゆるみができるため、重力に従って下にさがったようなしぼんだ形になります。これによって、肌のハリ感(弾力)低下、肌のゆるみ、たるみといった症状が出てきます。

年齢を感じる箇所としてはハリ・ツヤ・くすみ・毛穴の悩みなどがあるかと思いますが、それらの悩みについてはこちらをご参照ください。

施術方法一覧

しわや年齢肌の治療は、レーザーの他、ヒアルロン酸、ボトックス、糸によるリフトアップなど様々な方法があります。部位や症状によって原因や治療法が異なるため、医師による的確な診察のもとで、症状にあった治療を行うことがポイントです。

レーザー

しわ・年齢肌の治療に使用するレーザーには、光治療やフラクショナルレーザーなどがあり、症状や目的にあわせて選ぶことができます。

リフトアップレーザー

レーザーを照射することで肌を引き締めるしわ治療です。

想定される副作用・リスク

赤み乾燥色素沈着など

レーザートーニング

ごく弱いレーザーを顔全体に均一に照射し、メラニンを徐々に減少させていくしわ・年齢肌治療です。

想定される副作用・リスク

赤み腫れ乾燥かさぶた内出血色素沈着など

光治療・IPL

IPL(Intense Pulsed Light)という特殊な光のエネルギーによって肌トラブルを治療します。メラニンなどの原因にだけ作用し正常な肌にはダメージを与えることなく施術が可能です。

想定される副作用・リスク

赤み乾燥色素沈着など

フォト+RF

光エネルギーとRF(高周波エネルギー)を組合せた施術で、お肌にダメージを与えることなく熱エネルギーを真皮層に与え、メラニンの排出によるくすみやしわ・年齢肌治療です。

想定される副作用・リスク

赤み乾燥色素沈着など

フラクショナルレーザー

肌表面にレーザーを点状照射(フラクショナル照射)することで、熱エネルギーを真皮に与え、コラーゲンやエラスチンなどの活性化を行い肌のターンオーバーを促進する施術です。肌の再生効果による毛穴の引き締めやシワの治療にもなります。

想定される副作用・リスク

赤み腫れ乾燥かさぶた内出血など

HIFU(ハイフ)

HIFU(高密度焦点式超音波)とは、超音波を高密度に集約させて筋膜層をピンポイントに加熱して肌を土台から引き締める治療です。皮膚の皮下組織から筋膜まで熱を伝えることで、たるみの治療や肌の弾力アップに効果的です。

想定される副作用・リスク

赤み腫れ乾燥など

マシン治療の特長

種類 しわ 年齢肌 推奨回数 1回あたりの価格 痛みの程度 ダウンタイム メイク
リフトアップレーザー × 5~8回 10,000~25,000円 輪ゴムではじいた程度 数時間程度 施術直後から可能
レーザー
トーニング
5~10回 8,000~30,000円 輪ゴムではじいた程度 数時間程度 施術直後から可能
光治療・IPL 3~5回 8,000~40,000円 輪ゴムではじいた程度 数時間程度 施術直後から可能
フォト+RF 5~8回 10,000~35,000円 輪ゴムではじいた程度 数時間程度 施術直後から可能
フラクショナルレーザー 5~8回 10,000~50,000円 ほぼ痛みなし
(麻酔塗布)
1週間程度 施術翌日から可能
HIFU(ハイフ) × 1~3回 40,000~250,000円 麻酔がなくても
我慢できる程度
の痛み
数時間程度 施術直後から可能

※その人の状態・機材によって回数・価格など変わります。
※ダウンタイムとは施術を受けてから肌の状態が元の状態に戻るまでの期間のことをさします。

注射

気になる部位にヒアルロン酸などの製剤を注入することで、しわや年齢肌の治療効果が期待できます。

ほうれい線ヒアルロン酸

ほうれい線のしわを治療する注入術です。効果を持続したい際には半年~1年の間に一度程度のペースで注入を行うことが多いです。

想定される副作用・リスク

腫れ痛み感染しこりアレルギー反応内出血など
価格20,000~100,000円

しわ取りヒアルロン酸

目尻や目元のしわを治療する注入術です。効果を持続したい際には半年~1年の間に一度程度のペースで注入を行うことが多いです。

想定される副作用・リスク

腫れ痛み感染しこりアレルギー反応内出血など
価格20,000~100,000円

しわ取りボトックス

眉間や額のしわを治療する注射です。効果を持続したい際には半年~1年の間に一度程度のペースで施術を行うことが多いです。

想定される副作用・リスク

腫れ痛みしこり内出血など
価格3,000~100,000円

美容注射・点滴

ハリ・つやアップ効果が期待できる薬剤や有効成分を気になる部位に注入をしたり、点滴で血中にダイレクトに取り込む治療です。

想定される副作用・リスク

腫れ痛み感染しこりアレルギー反応内出血など
価格1,000~20,000円

水光注射・ダーマペン

極細の針が複数ついた専用の機器で肌に微細な穴を沢山開け、肌の自然治癒力を向上させてコラーゲン生成の促進させる美肌治療です。美肌成分の塗布や注入との組み合わせによる美肌治療が主流となっています。

想定される副作用・リスク

かゆみアレルギー反応内出血赤み腫れ感染など
価格20,000~100,000円

しわや年齢肌の治療には、メスを使わない糸を使ったリフトアップ術もあります。

糸リフトアップ・溶ける糸

医療用のトゲのついた溶ける糸(吸収糸)を皮膚に挿入し、肌の内側から皮膚を引き上げるリフトアップ治療です。糸が体内に吸収される過程でコラーゲンが生成されるためハリやつやアップの効果も期待できます。徐々に吸収されていくため定期的な治療が推奨されています。

想定される副作用・リスク

赤み腫れ痛みつっぱり感染内出血など
価格10,000~100,000円
導入治療

化粧水やクリームなどでは届かない肌の奥へ有効成分を導入する治療です。

各種ピーリング

肌に専用の薬剤を塗って古い角質を除去したり、水流の力で肌の汚れを洗浄・吸引すると同時に美容成分の導入を行う施術です。

想定される副作用・リスク

赤みかゆみ痛み乾燥など
価格5,000~20,000円

イオン導入

微弱な電流を流し、肌に塗布する化粧水やクリームなどでは浸透しない肌の深層部へ、美肌・美白効果が期待できる有効成分を肌の奥に導入する施術です。

想定される副作用・リスク

赤み乾燥など
価格5,000~15,000円
内服薬・外用薬

乾燥による小じわの治療には外用薬による治療もあります。

外用薬

皮膚再生効果が期待できる外用薬を塗布する治療です。

想定される副作用・リスク

赤みかゆみ発疹など
価格1,000~5,000円