あざ・傷跡・タトゥー除去とは

image

あざや傷跡、さらに過去に入れたタトゥーなども、身体の目立つ部位にあると気になるものです。それぞれ色味や形、大きさなども様々で、赤みがあったり膨らんでいたり凹凸があるものなどもあります。いずれも除去する際には、それぞれの原因や状態にあわせて治療を行うことがポイントです。

目次

こんなお悩みに

  • 気になるあざがある
  • 残った傷跡を消したい
  • 以前入れたタトゥーを消したい

あざとは

あざや傷跡、過去に入れたタトゥーなどは、目立つ部分にあると人の目が気になるものです。あざや傷跡については、色味や症状によっていくつかの種類に分かれます。

あざとは

あざは、部位や色によっていくつかの種類に分類されます。種類によって治療法が異なるため、まずは医師に的確に診察をしてもらうことをお勧めします。 あざで最も多いのは「青あざ」で、青みを帯びたあざのことをいいます。額や目のあたりに生じる青みを帯びたあざは「太田母斑(おおたぼはん)」といい、片側だけにできることがほとんどです。赤ん坊の頃にできる青みのあるあざは「蒙古斑(もうこはん)」といって、お尻にできることが多いです。さらに青あざの仲間である「後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)」は、しみや肝斑と間違われることが多いあざの一種で、頬の高い部位や目元にできることが多いです。また、赤みを帯びたあざを「赤あざ」、茶色に見えるあざを「茶あざ」、さらに黒いものを「黒あざ」といいます。

あざの原因とメカニズム

青あざ、茶あざ、黒あざは、いずれもメラニン(紫外線から肌を守ってくれる色素)を作り出す細胞(メラノサイト)が必要以上に増えることでできるあざです。メラノサイトがたくさんできた皮膚の深さによって肌から透けて見えた時の色味が異なります。また赤あざは、血管の一部が拡張したり増殖することでできます。

傷跡とは

傷跡には肌色や白色の他に赤みを帯びたものなどがあり、傷跡の部分が隆起していることもあります。傷跡の状態によって肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)やケロイドと呼ばれることもあります。

傷跡の原因とメカニズム

傷の深さが皮膚の奥のほう(真皮層)にまで到達すると、皮膚表面の細胞を再生することができなくなり、切り傷や擦り傷の跡が消えずに残ってしまいます。

タトゥーとは

針や刃物などで皮膚を浅く掘り、墨や朱などで着色して模様を入れた状態をいいます。日本では刺青(いれずみ)といわれます。

タトゥーのメカニズム

皮膚の表面付近に色を入れても、肌の新陳代謝(ターンオーバー/細胞が生まれ変わり、新しい肌ができること)によって色のついた細胞は剥がれ落ちますが、より深い層(真皮層)にまで色を入れることで、石鹸などで洗っても落ちない状態になります。

施術方法

あざや傷跡、タトゥーを消す施術は、レーザーによる除去治療が一般的です。美容クリニックによっては色素沈着を防ぐために外用薬などを併用することもあります。また、施術方法には外科系のものもあります。

レーザー

使用するレーザーは様々で、あざやタトゥーの色味や表皮からの深さによって適したレーザーが異なります。

あざ・傷跡・タトゥーのレーザー治療

あざ・傷跡・タトゥーに対してレーザーを照射することで色素や染料を破壊・除去する施術です。
タトゥー除去レーザーでは多色対応が出来るものが増えています。

想定される副作用・リスク

赤み腫れかゆみかさぶたむくみ内出血など
価格10,000~20,000円