歯の詰め物・被せ物とは

image

虫歯治療を行った際の詰め物は、被せた場所によっては、笑った時や会話の際に目立って他人の目が気になることもあります。歯の詰め物や被せ物の中には、もともとの歯の色味に近いものや、耐久性があり劣化しにくいもの、虫歯になりにくいものなどもあるため、目的や希望にあわせた素材を選ぶことができます。

目次

こんなお悩みに

  • 銀歯によって治療箇所が目立ってしまっている
  • 治療箇所が目立ってしまうことが嫌だ
  • 詰め物・被せ物がすぐにとれてしまう

歯の詰め物・被せ物とは

虫歯は自然治癒しない症状であるため、虫歯菌に感染した部分を除去しないままにしておくと、︎痛みが出て少しずつ歯が欠けてしまいます。そのため歯科治療では、歯を削った際には必ず詰め物をする必要があり、小さな詰め物を「インレー」、比較的大きな虫歯を削った後に行う被せるタイプの詰め物を「クラウン」といいます。これらの詰め物や被せ物には、「歯の色味に近い自然なもの」「強度が強いもの」「虫歯になりにくいもの」などが様々な種類があり、目的や希望にあわせた素材を選ぶことができます。

歯の詰め物・被せ物の種類
セラミック

セラミック(陶材)でできた素材で、もともとの歯に近い自然な白さがあります。さらに強度が高く耐久性もあるため、一度装着すると長年にわたって使用することができます。虫歯菌の原因となる歯垢(プラーク)が付きにくいため、虫歯になりにくいです。なおセラミック素材による詰め物・被せ物には、セラミックだけのもの(オールセラミック)の他、詰め物・被せ物の土台部分や内側に金属を使用したもの(メタルボンド)や、セラミックとレジンという素材を混ぜることで、適度な柔らかさがあり割れにくいもの(ハイブリッドセラミッククラウン)などがあります

ジルコニア

歯の内部にジルコニアという人工ダイヤモンドを、また表側にはセラミックを使用した素材です。強度が強く、割れやすい奥歯の詰め物・被せ物に適しています。土台に金属を使用しても透けない素材のため、セラミックのみよりもより自然な色味に仕上がります。金属アレルギーのある方にもおすすめの素材です。

ゴールドクラウン

金(金合金)やプラチナ(白金加金)などの金属で作った詰め物・被せ物です。人間の身体との親和性が高い金属のため金属アレルギーになりにくい他、歯が変色することも少ないです。硬さも自然の歯に近く奥歯にも適しています。白い素材のものと比較すると多少目立ちますが、銀歯ほどは目立ちません。

施術方法

虫歯の進行度合いにあわせて、虫歯ができた部分のみ詰め物をする治療法と、歯全体に被せ物をする方法があります。

クラウン(被せ物)

クラウン(被せ物)

虫歯のある部分を削り取り、代わりにセラミックの被せ物をする治療です。

想定される副作用・リスク

赤み腫れ痛み内出血など
価格30,000~150,000円
インレー(詰め物)

インレー(詰め物)

虫歯がまだ小さい段階の際に有効な、詰め物による虫歯治療です。

想定される副作用・リスク

赤み腫れ痛み内出血など
価格10,000~50,000円