歯並び・噛み合わせとは

image

歯並びや噛み合わせの悪さは、コンプレックスを感じたり、会話などの際に気になるだけではなく、うまく食べ物を噛めない、発音がしにくいといった面においても影響が出ることがあります。以前の歯科治療では、金属製の歯科矯正のワイヤーを何年も続ける必要がありましたが、昨今は治療のレパートリーが増えており、ライフスタイルにあわせて選択しやすくなってきています。

目次

こんなお悩みに

  • 歯並びが悪くコンプレックスを感じる
  • 八重歯だけ出っ張っていて気になる
  • 前歯が前方に出っ張っている
  • 口を閉じても上下の前歯が噛み合わない

歯並び・噛み合わせに関する悩み

歯並びや噛み合わせの悩みにはいくつかのタイプがあります。

image
上下の歯がうまく噛み合わない(交叉咬合:こうさこうごう)
image

上下の歯がうまく噛み合わずに左右にずれている状態です。フェイスラインが左右対称にならなくなってしまうことがあります。

image
歯が前後左右にデコボコしている(叢生:そうせい)
image

前歯を中心に、歯が前後左右にデコボコしていたり重なり合っている状態で、1本だけのこともあれば全体的にデコボコしていることもあります。

image
歯の隙間が目立つ(すきっ歯、空隙歯列:くうげきしれつ)
image

歯が成長している幼児期までは隙間があっても自然な状態ですが、それ以降も隙間が大きい際には何かしらの原因が関係していることが多いです。

image
下あごが出ている(受け口、下顎前突:かがくぜんとつ)
image

下の歯が上の歯よりも前に出ている状態です。歯の問題だけではなく、輪郭にも影響が生じることが多いです。

image
前歯が前方に飛び出ている(出っ歯、上顎前突:じょうがくぜんとつ)
image

いわゆる出っ歯と呼ばれる状態です。口呼吸になりやすくなる他、いびきをかきやすいなどの機能的な問題も起きやすいです。

image
上下の前歯が閉じない(開咬:かいこう)
image

上下の歯を閉じても上と下の前歯の間に隙間があいた状態です。前歯で食べ物を食べにくいため奥歯で噛む癖がついたり、前歯を閉じることができないため滑舌が悪くなることもあります。

歯並び治療のポイント

上記のような不正咬合(いわゆる出っ歯、受け口、乱ぐい歯など)は自分の歯を活かしキレイな歯並びに改善する歯列矯正を行ったり、被せ物によって歯並びをよく見せる治療を行うことでコンプレックスを解消し、自分に自信を持つことができます。
歯の状態を歯科クリニックで診断してもらい、適した施術方法をご相談ください。

施術方法

歯並び、噛み合わせの症状には様々なものがあるため、原因にあわせた施術を行う必要があります。ワイヤーやマウスピースを使った矯正治療の他、歯の裏側(舌側)から矯正をする裏側矯正(リンガルブラケット矯正)やインプラントやブリッジ、入れ歯のような手術による矯正術もあります。

歯列矯正

ワイヤーやマウスピースを使った矯正治療の他、歯の裏側(舌側)から矯正をする裏側矯正(リンガルブラケット矯正)やインプラントやブリッジ、入れ歯のような手術による矯正術もあります。

歯列矯正

専用のワイヤーを設置して歯並びや噛み合わせが気になる部位を矯正する治療です。

想定される副作用・リスク

赤み腫れ痛み内出血など
価格500,000~1,000,000円

マウスピース矯正

食事の際などに取り外し可能なマウスピースを装着して歯並びを矯正する治療です。

想定される副作用・リスク

赤み腫れ痛み内出血など
価格150,000~1,000,000円
クラウン(被せ物)

クラウン(被せ物)

歯並びや噛み合わせで気になる歯を削り、その上から専用の被せ物をして歯並びを整える治療です。

想定される副作用・リスク

赤み腫れ痛み内出血など
価格70,000~200,000円
ラミネートべニア

ラミネートべニア

歯並びや噛み合わせが気になる歯を削り、その上から薄いセラミック板を貼り付けて歯並びを整える治療です。

想定される副作用・リスク

赤み腫れ痛み内出血など
価格70,000~150,000円