しみ・そばかす・肝斑とは

image

すっぴんになってふと鏡を見たら、目元や頬にいつの間にかしみができていた…。そんな経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。実はひとくちに「しみ」といっても、しみにはいくつかの種類があり、それぞれ原因が異なります。治療にはレーザーや光(IPL)、外用薬や内服薬などがあるので、しみの原因や治療の期間、予算などにあわせて適切な治療法を選ぶことがポイントです。

目次

こんなお悩みに

  • しみを消したい
  • しみを薄くしたい
  • しみが濃くなってきた
  • しみが増えてきた
  • 化粧でしみを隠せなくなってきた
  • 左右対称にしみができた
  • デコルテ(首から胸元)や手の甲のしみも気になる

しみ(老人性色素斑)とは

大きく分けて、しみと言われるものには以下のような種類があります。このうち、30代以上に多くみられる最も一般的なしみは「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」です。

image
老人性色素斑ろうじんせいしきそはん

最も一般的なしみです。
老人性色素斑の他、日光性色素斑(にっこうせいしきそはん)、日光性黒子(にっこうせいほくろ)などとも呼ばれます。

  • 30代以上で多くみられる色素斑
  • 目の周辺、頬の高いところに多く見られる
  • 顔の他、デコルテ、手の甲などにも生じる
  • 薄褐色から濃い褐色
  • 大きさや形は様々
  • 表面がザラザラしていることもある
しみ(老人性色素斑)の原因とメカニズム

「老人性色素斑」、「日光性色素斑」という名前がついているとおり、「肌の老化」と「日光(紫外線)」が原因でできるしみです。年を取っていくと次第にターンオーバー(肌の新陳代謝/細胞が生まれ変わり新しい肌ができること)が衰えるため、身体からメラニンをうまく排出することができなくなり、メラニンが皮膚にたまりやすくなっていきます。さらに紫外線は肌のバリア機能を低下させる働きがあるため、紫外線を浴びすぎると、身体が紫外線から肌を守ろうとしてメラニン色素を生成します。(メラニン色素は、紫外線を吸収して細胞を守ってくれる役割をはたしています)通常であれば、ターンオーバーによって角質などの汚れとともにメラニン色素も排出されるのですが、紫外線を多く浴びると、メラニン色素がいつも以上に増えてしまうため、うまく排出されずに皮膚にたまってしみとなります。

image

そばかす(雀卵斑)とは

いわゆる「そばかす」の正式名称です。思春期頃に発生することが多いしみです。

image
雀卵斑じゃくらんはん
  • 子供のころからある
  • とても小さなしみが沢山できる
  • 頬や鼻のあたりにほぼ左右対称にできる
  • 顔の他、デコルテや背中、腕にもできる
  • 色味は薄い褐色が多い
  • 家族にも同様のしみがあることが多い
  • 色白の人にできやすい
そばかす(雀卵斑)の原因とメカニズム

雀卵斑には先天性と後天性の2つがあります。先天性の雀卵斑は遺伝が大きく関係しており、子供の頃にできるケースがほとんどです。後天性の雀卵斑は、紫外線やホルモンの影響が関係していることが多いです。いずれの場合も、成長するにつれて次第に薄くなっていくことがあります。

肝斑とは

肝斑は、女性によくできるしみです。

image
肝斑かんぱん
  • 30代以上の女性に多くできる
  • 妊娠、出産などでできることがある
  • 両頬の高い位置に左右対称にできる
  • 両頬以外にもおでこや口周りにもできる
  • 色味は薄褐色から濃い褐色
  • べったりと広範囲にできる

なお上記の他に、しみと間違えられることが多いものでADM(後天性真皮メラノサイトーシス)というものがあります。詳細はあざのページに記載しています。

肝斑の原因とメカニズム

肝斑の原因ははっきりしていませんが、女性ホルモンが関係しているといわれています。そのため妊娠や出産の他、ピル(経口避妊薬)の服用などがきっかけになることが多いです。その他、紫外線やストレス、洗顔やマッサージなどによる肌への刺激・摩擦も関係しているといわれています。

施術方法

しみ、そばかす、肝斑治療はレーザーやピーリングによる施術が中心ですが、肝斑にはレーザー治療が適さないケースもあるため、医師による的確な診察のもとで治療を行うことがポイントです。

レーザー

レーザーの他、光(IPL)、ラジオ波(RF)などのエネルギーを照射することで、しみや肝斑の原因であるメラニンを除去する効果が期待できます。

しみ取りレーザー

気になるしみへピンポイントでレーザーを照射する治療です。

想定される副作用・リスク

赤み腫れ乾燥内出血かさぶた色素沈着など

レーザートーニング

ごく弱いレーザーを顔全体に均一に照射し、メラニンを徐々に減少させていく、しみ・くすみ治療です。これまでレーザーでの治療が難しかった肝斑の治療も可能であるのが特長です。

想定される副作用・リスク

赤み腫れ乾燥内出血かさぶた色素沈着など

光治療・IPL

IPL(Intense Pulsed Light)という特殊な光のエネルギーによって肌トラブルを治療します。メラニンなどの原因にだけ作用し正常な肌にはダメージを与えることなく施術が可能です。

想定される副作用・リスク

赤み乾燥色素沈着など

フォト+RF

光エネルギーとRF(高周波エネルギー)を組合せた施術で、お肌にダメージを与えることなく熱エネルギーを真皮層に与え、メラニンの排出によるくすみやしみなどを治療します。

想定される副作用・リスク

赤み乾燥色素沈着など

マシン治療の特長

種類 しみ そばかす 肝斑 推奨回数 1回あたりの価格 痛みの程度 ダウンタイム メイク
しみ取りレーザー × 原則1回 8,000~20,000円 痛みが少ない(麻酔塗布) 数時間程度 施術直後から可能
レーザートーニング 5~10回 8,000~30,000円 輪ゴムではじいた程度 数時間程度 施術直後から可能
光治療・IPL 5~8回 8,000~40,000円 輪ゴムではじいた程度 数時間程度 施術直後から可能
フォト+RF 5~8回 10,000~35,000円 輪ゴムではじいた程度 数時間程度 施術直後から可能

※その人の状態・機材によって回数・価格など変わります。
※ダウンタイムとは施術を受けてから肌の状態が元の状態に戻るまでの期間のことをさします。

導入治療

肌に塗布する化粧水やクリームなどでは浸透しない肌の深層部へ、美肌・美白効果が期待できる成分を導入する治療です。

ピーリング

肌に専用の薬剤を塗って古い角質を除去したり、水流の力で肌の汚れを洗浄・吸引すると同時に美容成分の導入を行う施術です。

想定される副作用・リスク

赤みかゆみ痛み乾燥など
価格5,000~20,000円
内服薬・外用薬

しみを薄くする効果が期待できる内服薬・外用薬です。レーザー治療などと併用することも多いです。

内服薬・外用薬

トラネキサム酸、ハイドロキノンなどの内服、外用薬が中心です。

想定される副作用・リスク

赤みかゆみ発疹乾燥かさぶたなど
価格4,000~8,000円