わきが・多汗症とは

image

季節を問わず一年を通してわきに汗をかきやすい、わきに限らず手足も湿っていることが多い、また汗のにおいが気になるといった際には、わきがや多汗症の可能性があります。これらは美容クリニックでの問診や検査によって調べることができるため、気になる際にはクリニックに相談することをおすすめします。

目次

こんなお悩みに

  • 夏以外もわきに汗をかきやすい
  • 手や足に汗をかきやすい
  • わきのにおいが気になる

わきがとは

わきがは、汗をかきやすい季節ではなくても一年中においや汗の量が気になる症状です。通常の汗のにおいや量とは異なるため、気になる際には美容クリニックに相談してみることをおすすめします。

わきが

わきがとは、汗のにおいが強く自分も周囲の人もにおいが気になるような症状です。運動などによってかく一般的な酸っぱいようなにおいの汗と異なり、個人差はありますが、ネギ、ゴボウ、納豆、酢などのにおいに例えられることが多いです。なお、わきがは腋臭症(えきしゅうしょう)とも呼ばれています。

わきがの原因とメカニズム

わきがは、自分ではとても気になっていても実際には「気のせい」であることも多い症状です。ここでは原因やメカニズムについて解説します。

人間には、エクリン腺とアポクリン腺という2つの汗の分泌腺があります。エクリン腺から出る汗は水分が多くさらさらしており、体温を調節する際などにこの分泌腺から汗が流れます。対してアポクリン腺は、皮脂が多いため空気に触れると皮膚表面の細菌によって皮脂が分解され、特有のにおいを生じます。アポクリン腺は耳の中やわき、陰部などに多いため、これらの部位のにおいが強くなります。陰部のわきがは、すそわきがと呼ばれています。

多汗症とは

わきや手足から汗をかきやすく、夏以外でもわき汗によってシャツに染みがつく、手汗が多くてモノを握ると湿ってしまう、足からの汗が多く靴のにおいが気になる、などといった症状があります。わきや手足に汗をかきやすい症状と、部位を問わず全身から汗が多めに出る症状があります。

多汗症の原因とメカニズム

多汗症の原因ははっきりしていませんが、交感神経の反応が強まって汗腺を刺激することで、大量に汗が生じるのではないかといわれています。交感神経が過敏になる原因は、ホルモンバランスの乱れ、ストレスや緊張といったメンタル的な要素、さらに体質や食生活などが関係しています。なお、代謝や内分泌に異常がある病気の場合も大量の汗が出ますが、この場合はわきや手足に限らず全身から汗が出ます。

施術方法

わきが・多汗症は、汗を出す元となる汗腺の働きを弱めたり除去する、といった治療が中心です。

レーザー

わきがの原因をレーザーを照射することで除去する治療です。

わきがのレーザー治療

レーザーを照射し、わきがの原因となる汗腺を破壊する治療です。

想定される副作用・リスク

赤み腫れ痛みほてりむくみなど
価格200,000~350,000円
注射

汗腺の働きを弱める成分を注射することで、汗・わきがを抑制します。

わきボトックス

汗が出る仕組みをボツリヌス菌によってブロックする注射です。

想定される副作用・リスク

腫れ痛み内出血など
価格5,000~100,000円