性別・年代別の悩み 性別・年代別の悩み

株式会社リクルート
ホットペッパービューティーアカデミー調べ

性別・年齢を問わず様々な方が美容医療を利用しています。幅広い世代が利用しているものの、10代女性の悩みと40代女性の悩みでは、それぞれ内容が異なるため、ここでは、日ごろ美容に関して感じている悩みや、美容医療でトライしてみたい施術について、性別・年代別にまとめてみました。

女性×年代別 気になる悩み

年代を問わず多くの女性は体重やムダ毛、歯並びや歯の白さを気にしています。これらの悩みは女性にとって、いくつになっても気になるお悩みなのかもしれません。

年代別での特徴的な項目としては、10代は目を二重にしたり鼻を高くするなど、違う自分に生まれ変わりたいといった気持ちが強い傾向があります。また、その他の悩みとしてはニキビが多く、他の人から日ごろ見られる「顔」について気になる部分を治したいという意識があるようです。20代はニキビ、ボディラインのくずれが挙げられ、思春期以降の代謝低下やホルモン分泌量低下に伴う肌トラブル・体重の増加による悩みが多く挙げられます。30・40代はしみ・しわ・ほうれい線、首のしわといった、加齢による悩みが増えてきています。

10代女性が気になる悩みの1位はムダ毛処理・脱毛、2位はニキビ・肌が油っぽい・テカリ、3位は歯(歯並び・黄ばみなど)、4位は体重の増加、5位は鼻(高さ・形など)。20代女性が気になる悩みの1位はムダ毛処理・脱毛、2位はニキビ・肌が油っぽい・テカリ、3位は歯(歯並び・黄ばみなど)、4位は体重の増加、5位はボディラインの崩れ。30~40代女性が気になる悩みの1位は顔のシミ・シワ・ほうれい線、2位はボディラインの崩れ、3位は体重の増加、4位はムダ毛処理・脱毛、5位は歯(歯並び・黄ばみなど)。 10代女性が気になる悩みの1位はムダ毛処理・脱毛、2位はニキビ・肌が油っぽい・テカリ、3位は歯(歯並び・黄ばみなど)、4位は体重の増加、5位は鼻(高さ・形など)。20代女性が気になる悩みの1位はムダ毛処理・脱毛、2位はニキビ・肌が油っぽい・テカリ、3位は歯(歯並び・黄ばみなど)、4位は体重の増加、5位はボディラインの崩れ。30~40代女性が気になる悩みの1位は顔のシミ・シワ・ほうれい線、2位はボディラインの崩れ、3位は体重の増加、4位はムダ毛処理・脱毛、5位は歯(歯並び・黄ばみなど)。

女性×年代別 受けたことがある施術

年代問わず受けたことがある美容医療としては、美肌・美白・しみ治療が挙げられます。透明感やツヤ・ハリ感のある肌は、年代を問わず女性にとって憧れのようです。年代別では、10・20代は二重整形、ピアスの穴開け、ニキビ治療などが多く、年齢を重ねるにつれ、目の下のクマ・たるみ取り、しわ・たるみ治療、ホクロ・イボ治療、痩身・メディカルダイエット、ワキガ・多汗症など幅広い分野に広がっており、一人ひとりそれぞれの悩みに合わせた美容医療を受けていると考えられます。

10代女性が受けた施術の1位は二重の整形(埋没法含む)、2位はニキビ・ニキビ跡・肌荒れの治療、3位はピアスの穴あけ、4位は美肌・美白・シミ・肝斑・くすみの治療、5位は顔痩せ。20代女性が受けた施術の1位は二重の整形(埋没法含む)、2位は美肌・美白・シミ・肝斑・くすみの治療、3位はニキビ・ニキビ跡・肌荒れの治療、4位はホクロ除去・あざやイボ、傷跡治療、5位はシワ・たるみ・毛穴の治療。30~40代女性が受けた施術の1位は美肌・美白・シミ・肝斑・くすみの治療、2位はシワ・たるみ・毛穴の治療、3位はホクロ除去・あざやイボ、傷跡治療、4位はニキビ・ニキビ跡・肌荒れの治療、5位は美容点滴。 10代女性が受けた施術の1位は二重の整形(埋没法含む)、2位はニキビ・ニキビ跡・肌荒れの治療、3位はピアスの穴あけ、4位は美肌・美白・シミ・肝斑・くすみの治療、5位は顔痩せ。20代女性が受けた施術の1位は二重の整形(埋没法含む)、2位は美肌・美白・シミ・肝斑・くすみの治療、3位はニキビ・ニキビ跡・肌荒れの治療、4位はホクロ除去・あざやイボ、傷跡治療、5位はシワ・たるみ・毛穴の治療。30~40代女性が受けた施術の1位は美肌・美白・シミ・肝斑・くすみの治療、2位はシワ・たるみ・毛穴の治療、3位はホクロ除去・あざやイボ、傷跡治療、4位はニキビ・ニキビ跡・肌荒れの治療、5位は美容点滴。

男性×年代別 気になる悩み

年代問わず男性に多い悩みとしては、歯並び、歯の黄ばみ、そして体臭・口臭です。男性にとっては、これらを整えることがいずれも男性にとって最低限の身だしなみという認識になっているのかもしれません。

年代別でみた男性の悩みには、10代はニキビ、乾燥肌、20代はニキビ、30代・40代は薄毛(AGA)、しみ・しわ・ほうれい線、体重の増加などが多く挙げられます。

10代、20代とも肌の悩みが多いですが、10代は思春期による皮脂の過剰分泌、20代は代謝低下・ホルモン分泌量低下に伴う肌トラブルが原因であると考えられます。また、30代以降は加齢による悩みが増えきています。

10代男性が気になる悩みの1位はニキビ・肌が油っぽい・テカリ、2位は体臭・口臭、3位はムダ毛処理・脱毛、4位は歯(歯並び・黄ばみなど)、5位は肌の乾燥・張りがない。20代男性が気になる悩みの1位はニキビ・肌が油っぽい・テカリ、2位はムダ毛処理・脱毛、3位は体臭・口臭、4位は歯(歯並び・黄ばみなど)、5位は薄毛・抜け毛。30~40代男性が気になる悩みの1位は薄毛・抜け毛、2位は体重の増加、3位は体臭・口臭、4位は歯(歯並び・黄ばみなど)、5位はニキビ・肌が油っぽい・テカリ。 10代男性が気になる悩みの1位はニキビ・肌が油っぽい・テカリ、2位は体臭・口臭、3位はムダ毛処理・脱毛、4位は歯(歯並び・黄ばみなど)、5位は肌の乾燥・張りがない。20代男性が気になる悩みの1位はニキビ・肌が油っぽい・テカリ、2位はムダ毛処理・脱毛、3位は体臭・口臭、4位は歯(歯並び・黄ばみなど)、5位は薄毛・抜け毛。30~40代男性が気になる悩みの1位は薄毛・抜け毛、2位は体重の増加、3位は体臭・口臭、4位は歯(歯並び・黄ばみなど)、5位はニキビ・肌が油っぽい・テカリ。

男性×年代別 受けたことがある施術

男性の場合、年齢を問わず幅広い年代が受けている施術として、美肌・美白・しみ治療、ニキビ・ニキビ跡・肌荒れ治療、しわ・たるみ治療、ホクロ除去・あざ治療などといった、肌トラブルに関連する施術が挙げられます。
年齢問わず幅広い層において、二重手術の施術経験がある点も特徴的です。また痩身・メディカルダイエットも年齢問わず施術の需要が高く、特に10代と30代以降で施術を受けている傾向があります。

10代男性が受けた施術の1位はニキビ・ニキビ跡・肌荒れの治療、2位は二重の整形(埋没法含む)、3位は美肌・美白・シミ・肝斑・くすみの治療、4位はホクロ除去・あざやイボ、傷跡治療、5位は同率でシワ・たるみ・毛穴の治療、目の下のクマ・たるみ取り、痩身・メディカルダイエット。20代男性が受けた施術の1位は美肌・美白・シミ・肝斑・くすみの治療、2位はニキビ・ニキビ跡・肌荒れの治療、3位は二重の整形(埋没法含む)、4位はシワ・たるみ・毛穴の治療、5位はホクロ除去・あざやイボ、傷跡治療。30~40代男性が受けた施術の1位は美肌・美白・シミ・肝斑・くすみの治療、2位は二重の整形(埋没法含む)、3位はシワ・たるみ・毛穴の治療、4位はニキビ・ニキビ跡・肌荒れの治療、5位は痩身・メディカルダイエット。 10代男性が受けた施術の1位はニキビ・ニキビ跡・肌荒れの治療、2位は二重の整形(埋没法含む)、3位は美肌・美白・シミ・肝斑・くすみの治療、4位はホクロ除去・あざやイボ、傷跡治療、5位は同率でシワ・たるみ・毛穴の治療、目の下のクマ・たるみ取り、痩身・メディカルダイエット。20代男性が受けた施術の1位は美肌・美白・シミ・肝斑・くすみの治療、2位はニキビ・ニキビ跡・肌荒れの治療、3位は二重の整形(埋没法含む)、4位はシワ・たるみ・毛穴の治療、5位はホクロ除去・あざやイボ、傷跡治療。30~40代男性が受けた施術の1位は美肌・美白・シミ・肝斑・くすみの治療、2位は二重の整形(埋没法含む)、3位はシワ・たるみ・毛穴の治療、4位はニキビ・ニキビ跡・肌荒れの治療、5位は痩身・メディカルダイエット。

SUMMARY まとめ

二重や鼻、ニキビ、ボディライン、しわ・たるみ、薄毛など、男女とも年齢によってそれぞれ悩みが異なる一方で、年齢を問わず共通した悩みも存在することがわかりました。
運動や食事制限などの自己管理や努力ではなかなかコンプレックスを解決できない場合が多いため、理想の姿を目指したい場合、美容医療を受けてみるとよいかもしれません。

当記事は皮膚・美容皮膚科の医師監修のもと制作しています。

医師監修のもと作成していますが、万が一間違いがあった場合はこちらからご連絡ください。

具体的な施術のお問合せは各クリニックまでお問い合わせください。

HOT PEPPER Beautyでクリニックを探す