美容医療の基礎知識 美容医療の基礎知識

光治療やレーザー、ヒアルロン酸やダーマペンなど、SNSやインターネット・雑誌で最新の美容医療情報を目にする機会が増えたこともあり、チャンスがあれば美容医療にトライしてみたいと考える方が増えているようです。以前よりも医療技術が進化し、ダウンタイム(施術を受けたことで発生する肌の赤みやかさぶたなどが治まるまでの期間)が短くなったり、施術中の痛みが少なくなったことで、今まで以上に美容医療が身近な存在になってきています。そこで今回は、美容医療の基礎的な部分について解説します。

美容クリニックの院内の写真 美容クリニックの院内の写真

基礎 その1 皮膚科と美容クリニックの違い

保険診療を取り扱う皮膚科では、傷ができたり疾患が生じた部位を「治療する」ことを目的としており、主に湿疹、アトピー、アザ、水虫、巻き爪などの治療がメインです。対して美容クリニックでは、気になる部位を治療することと併せて、さらに「よりよい状態にする」ことを目的としている点が皮膚科との大きな違いです。皮膚科は「悪い箇所を治す」ところまでが医療機関としての使命ですが、美容クリニックは「さらに美しくする」ところまで治療を行うことが使命、と言ってもよいかもしれません。そのため美容クリニックでは、ニキビ、アザなどの疾患治療だけではなく、しみ・しわ・毛穴の開き・肌のツヤやハリ感アップなどといった、病気や疾患ではない肌トラブルの治療も行っています。

例えばニキビ治療の場合、保険診療の皮膚科では、抗生剤などの塗り薬や飲み薬を処方してニキビによって生じた炎症を抑える治療を行います。美容クリニックでは、ニキビによる炎症を抑える治療とあわせて、レーザーやIPL(光)などのマシンや薬剤を使用し、根本治療やニキビ跡の赤み・肌の凸凹を改善する治療なども行うことが可能です。

美肌治療や脱毛治療を行っている美容クリニックは、エステサロンに少し近い分類に見えるかもしれません。その違いは、美容クリニックは医師が常駐する医療機関であり、国家資格を取得している医師・看護師が施術を行う点です。医師・看護師による施術のため、美肌治療や脱毛治療で使用するレーザーについては医師の判断のもとで出力を高めることができるほか、万が一、施術によって火傷などがあった際にはその場で迅速に対応することができます。

また、美容クリニックは美容皮膚科と美容外科に分類されます。美容皮膚科は、しみ・しわ・毛穴の開き・ニキビなどの美肌治療のほか、脱毛、薄毛、ダイエット治療などを行っていることが多く、いずれもメスを使用しない(手術を伴わない)、レーザーや注射による施術が中心となっています。対して美容外科は、手術を伴う美容医療を取り扱っているクリニックで、メスを使用した二重整形や鼻の整形、豊胸手術、脂肪吸引なども取り扱っています

鏡を見る女性の写真 鏡を見る女性の写真

基礎 その2 保険診療と自由診療の違い

保険診療の対象となるのは、厚生労働省が定めている病気に対して、定められた治療方法を実施する場合です。一方で、自由診療で行っている美肌治療や脱毛治療、ダイエット治療などは、いわゆる病気の治療ではないため、保険が適用されません。またニキビ・アザなど厚生労働省が定めている病気の一種であっても、治療法として定められている以外の薬剤やレーザーを使用している場合には自由診療になります。厚生労働省が定めている治療法ではないとしても、よりよい状態にするという部分を大事にして安全面に配慮して、薬剤や治療法を選定しているため、危険であるという訳ではありません。

美容クリニックのスタッフと会話する女性の写真 美容クリニックのスタッフと会話する女性の写真

基礎 その3 美容クリニックの選び方

  1. 初回カウンセリングにおける医師・スタッフの対応

    一つ目は、初回カウンセリングにおける医師・スタッフの対応です。施術方法やダウンタイムについて機械的な説明をするだけではなく、悩みや不安、質問に対してもひとつひとつ丁寧に回答してくれるクリニックは、施術時はもちろん、術後のサポートも丁寧な対応をしているケースが多いです。また施術への説明だけではなく、価格について事前にわかりやすく伝えてくれるクリニックを選ぶことで、施術後にお金に関するトラブルが生じる可能性を回避することができます。

  2. 希望する施術での医師の実績

    二つ目は、希望する施術での医師の実績です。ひとくちに美容医療といっても、その施術内容はしみ・しわ・小顔・二重・バスト・デリケートゾーン・脱毛など実に多岐にわたります。美容クリニックの医師は、これらの中でも特定分野における施術を得意としていることが多いため、しみ治療に強い医師、小顔治療に強い医師など、自身の悩みにあわせて症例の多い医師のもとへカウンセリングに行くことをお勧めします。傷や疾患を治すことが主目的の医療ではなく、美しさを実現するための美容医療は、同じ施術であっても一人ひとりの希望やイメージ、さらに肌質・体格などにあわせてカスタマイズが必要なデリケートな治療です。さらに一人ひとりの美的感覚は異なるため、事前のカウンセリングで希望を的確にくみ取って施術に反映するためには、医師のセンスとそれを実現するための医療技術が必要になります。内科、外科、小児科などのように、美容医療には確立された専門医制度はありませんが、数ある医療行為の中でも繊細な技術とセンスが問われる、非常に難易度が高い医療分野であると言えるでしょう。

  3. 医師との相性

    三つ目は、医師との相性です。「ほんの少しの変化が欲しい」と思っているのに、医師から「あなたのお顔ならこのくらいのラインにしたほうが似合っている」と言われるなど、医師の美的感覚と自身の理想とするイメージが異なっていることもあります。そういった仕上がりのイメージに対するミスマッチを避ける意味でも、カウンセリングは複数のクリニックで行い、仕上がりに対するイメージを理解してくれる医師を選ぶことをお勧めします。
    HOT PEPPER Beauty 美容クリニックではクリニックごとに医師情報を見たり、実際にカウンセリングや施術を受けたカスタマーの口コミを確認することができます。
    自分の悩みを専門としているドクターを見つけ、悩みを相談してみてください。

SUMMARY まとめ

美的センスや繊細な技術力が問われる美容医療では、ひとりの医師が全ての分野に精通しているということは少ないと言えます。美肌、ニキビ、小顔、二重、脱毛など、それぞれの美容医療分野に精通した、美容のかかりつけ医を見つけることが、理想のイメージに近づくための近道と言えるでしょう。

当記事は皮膚・美容皮膚科の医師監修のもと制作しています。

医師監修のもと作成していますが、万が一間違いがあった場合はこちらからご連絡ください。

具体的な施術のお問合せは各クリニックまでお問い合わせください。

HOT PEPPER Beautyでクリニックを探す