ドクター紹介「雑賀 知歩」 ~広島プルミエクリニック~

国内最大級のヘアサロン・リラク&ビューティーサロン検索・予約サイト

ヘルプ
明後日以降の予約希望を受付中
広島プルミエクリニック
ヒロシマプルミエクリニック
広島電鉄「本通駅」 徒歩1分
広島プルミエクリニック ドクター
形成外科
美容外科

広島プルミエクリニック 院長

雑賀 知歩

サイガ チホ

女性

皆様の本来持っている美しさを引き出すために…
ひとりひとりが幸せになれるよう心掛けながら、治療のご提案を行っています

注力分野
二重・まぶた
ニキビ・ニキビ跡・肌荒れ・毛穴
鼻の形
勤務予定
× ×

略歴

2003年 佐賀大学医学部医学科卒業
学生時代友人が怪我をして、形成外科に入院したことで形成外科という学問に魅了される
2003年 佐賀大学附属病院形成外科 入局
麻酔科・救急部・形成外科で研修をおこなう
2004年 聖マリア病院研修
腎臓内科・呼吸器内科・整形外科・脳外科で研修を行う事で美しく老いることの重要さを痛感する
2005年 昭和大学形成外科入局
美容外科・美容外来・レーザー外来・小児先天奇形・再建外科など多岐にわたる形成的治療に携わる
2006年 千葉県こども病院形成外科
小児の先天奇形を多数目の当たりにすることで、見た目の改善がいかに患者様の人生を左右することになるのかを肌で感じる
2008年 聖マリア病院形成外科 美容皮膚科外来担当
野戦病院と言われる病院で美容皮膚科を立ち上げ、患者様や患者様の家族の保険診療で解決できない悩みと向き合う
2011年 ドーズ美容外科(男たちの美容外科)広島院 勤務
美容皮膚科・頭髪治療を中心とした治療に携わる
2016年 広島プルミエクリニック美容皮膚科 院長就任
患者様の肌、容姿の悩みに真剣に向き合い、数々の症例を治療
2017年 広島プルミエクリニック院長 就任

専門医・資格

日本エステティック協会 認定フェイシャルエステティシャン

自己紹介コメント

はじめまして。広島プルミエクリニック院長の雑賀と申します。
どんなに目鼻立ちが良くても、肌が荒れていたり、内科的疾患があったり、精神的に病んでいては美しさを保つことができません。
だからこそ、より人として自然な美しさを維持するためには外科的側面、内科的側面、両方からのケアがとても重要となります。
患者様の悩みに寄り添うことで、患者様の持っている本来の美しさを引き出すことができたらと思っています。

■皆様の美しさを引き出すために… 掲げている3つのモットーとは
1)マニュアルの治療ではなく、個々の患者様にあったオリジナルな治療を提案していくことで結果に結びつけていく
2)患者様の性格や生活スタイル等に目を向け、配慮することで、長く通っていただけるクリニックにしていく
3)何でも気軽に相談できる医師になれるよう、患者様の悩みに真摯に向き合っていく
上記3点をモットーに、日々診療に努めております。

■当院にご来院される患者様の層
施術メニューが美容皮膚科と美容外科とあることから、幅広い年齢層の方がいらっしゃいます。特に美容外科では10代から20代の二重や鼻形成、ニキビ治療などの相談が多いです。また、美容皮膚科では30代後半から50代前半が多いです。

■カウンセリング・施術で大切にしていること/看護師教育における患者様に向かう姿勢
患者様にはいろいろな事情をかかえて当院に来られている方も多い為一人一人の事情に配慮して無理な押し売りはせず、患者様にとってハッピーになれる可能性のあるもののみをお勧めさせていただくようにしております。
また、患者様がご希望されていても患者様にとって適切ではないと思われる治療はお断りさせていただいております。
看護師におきましては、まずは安全第一の看護と、患者様の不安感に寄り添った医療を提供できるように教育しております。
また、ホスピタリティーを提供できるように努めさせています。

■当院の強み・患者様と向き合う上で大切にしていること
当院は患者様の希望に近づけるように患者様とカウンセリングをすることで患者様の要望を正確に認識し、患者様と何度もイメージのすり合わせをして施術を迎えます。したがって、当院は必ずカウンセリングをした医師が執刀をするようにしております。
また、術後患者様が気になることがあれば、遠方の方のためやお仕事で来院が難しい方の為に、メールやお電話でもすぐに対応できるようにしています。

■エステと美容医療の違い・美容医療のメリット
私はエステティックの資格も取得しております。その私が考えるエステと美容医療の違いとは、エステも医療も患者様にとってどちらも必要ではありますが、美容医療はある程度の医学的根拠を持った治療を提供しなければならないという事です。
ただ、エステが必要ないということではなく、エステティックな要素を踏まえながらも医学的根拠を持った治療を提供していくことが重要であるということです。医療機関であればトラブルが起こってもすぐに対処をすることができます。
また、脱毛に関していうと、エステの治療器と医療機関の治療器は似て非なるものでもあります。効果やトラブルに関して、ある程度の立証がされておりますが、確実な効果を求めるのであれば医療機関がベストです。
美容医療において、エステのホスピタリティーや低リスクな施術も必要不可欠でもあるため、エステと医療を共存させることがより一層に美を深めていけることにつながる思っています。

■美容クリニックに行こうと思っている皆様へ
美容医療を受けたいと思ったとき、まずは行ってみる、聞いてみることから始めてください。
やってみるはあくまでもしっかり話を聞いた上で決定をするようにしてください。
医療機関でも、医師のカウンセリングがほとんどなく、カウンセラー中心のカウンセリングの場合もございます。
メリットばかりでデメリットをあまり教えてくれないクリニックは避けるようにしましょう。
そういった意味でも、まずは、医師からしっかりと説明を聞き、気になることは遠慮しないで質問をして、ご自身で納得されて治療を開始することをお勧めします。

本内容の問い合わせ先
広島プルミエクリニック

ようこそ、ゲストさん

ログインする

会員登録する(無料)

ネット予約で200ポイント、施術申込みでさらに1%たまる!