ご予約・ご契約特典 施術料金の5%ポイント還元

ドクター紹介「赤井 秀実」 ~赤井クリニック~

国内最大級のヘアサロン・リラク&ビューティーサロン検索・予約サイト

ヘルプ
明後日以降の予約希望を受付中
赤井クリニック
アカイクリニック
表参道駅A3出口から徒歩0分 JR山手線「原宿」駅より徒歩約10分
赤井クリニック ドクター
形成外科
美容外科

院長

赤井 秀実

アカイ ヒデミ

男性

様々な治療を経験してきた専門医が責任をもって治療いたします。
スタッフ一同全力で患者さんひとりひとりの“なりたい自分”を叶えるお手伝いをさせていただきます。

注力分野
二重・まぶた
美肌・美白・ハリ・ツヤ・くすみ
しみ・そばかす・肝斑
勤務予定
×

略歴

1985
昭和大学医学部卒
1985
昭和大学形成外科学教室入局
1990
昭和大学形成外科助手
1992
米国留学
1993~1997
基幹病院の形成外科医長として
臨床治療にあたる
1998
昭和大学医学部形成外科医局長
1999
昭和大学医学部形成外科専任講師
2003
「赤井クリニック」開設

専門医・資格

日本形成外科学会認定 形成外科専門医

自己紹介コメント

■僕の美容外科医の原点は、再生医療。 先天的な障害を持つ子どもたちの顔の手術です。
僕の形成外科医としてのスタートは、先天的に顔に障害のある赤ちゃんの治療から始まりました。それは口唇裂・口蓋裂の子供たちの治療です。彼らの多くは、顔の成長が終わる18歳頃まで、最低3回の手術が必要でした。最も難しいのは、顔の骨の生まれつきの欠損とそれによって生じる機能的・整容的な問題を解決することでした。

最初の手術は、生後3ヶ月、体重が6kgしかない頃に行います。足りない部分に骨を移植したくても、そんな赤ちゃんにその材料となる余分な骨などありません。以前は、裂を形成している筋肉の異常な走行や皮膚をキレイに縫合して、自然な唇や口蓋をつくる手術が行われてきました。
骨の欠損部は、体が大きくなって、骨を採取できる10歳頃に行うようにしていたのですが、3ヶ月の時点でできれば、いろいろな点で有利であることが分かってきました。
そんな折、実験レベルで人工の材料と自分の骨になる幹細胞や成長因子を混ぜ合わせて移植すると、移植した場所の骨に置き換わるという骨組織工学の新しい手法が報告されました。その手法を、マウスでの実験で詳細に研究し、医療特許として申請しました。上顎に移植された骨は、見事に成着し、上顎の形も正常に、またそこには乳歯・その後に永久歯も萌出し機能的・整容的にも問題なく、10歳の元気な小学生として活動しています。

■美容医療は、なりたい自分を実現することを目指す医療。 再生医療は、その有効な手段になると思います。
僕の美容外科医としての原点が、先天的な障害を持つ子どもたちの顔の手術だと申しましたが、再生医療の原点もこの子どもたちへの手術です。子どもたちには、長く・できれば楽しく生きてほしいものです。先天的な障害をできるだけ気にせずに、子供たちのQOLがすばらしいものであることを願わずにはいられません。
昔は不可能であったことも、医学の進歩とともに可能になってきた。さらに、詳細に、確実に、いろいろなことができるようになるはずです。美容医療もある意味、病気ではない、自己の願望の実現を目指す医療です。医療である限り、再生医療は、その願望を実現させてくれる有力な手段になるはずです。

本内容の問い合わせ先
赤井クリニック