ドクター紹介「佐藤 大介」 ~東京中央美容外科 池袋西口院~

国内最大級のヘアサロン・リラク&ビューティーサロン検索・予約サイト

ヘルプ
明日以降の予約希望を受付中
東京中央美容外科 池袋西口院
トウキョウチュウオウビヨウゲカ イケブクロニシグチイン
JR 池袋駅西口から徒歩5分
東京中央美容外科 池袋西口院 ドクター
形成外科
美容外科

池袋西口院 院長

佐藤 大介

サトウ ダイスケ

男性

『患者様を幸せにする』を信念に。お悩みやご要望を納得いただけるまで話し合い、それぞれの患者様の状態に合った治療を提案します。

注力分野
二重・まぶた
目元のクマ・たるみ・しわ
鼻の形
勤務予定

略歴

2008年 鳥取大学医学部 卒業
2008年 亀田総合病院
2010年 杏林大学医学部付属病院 形成外科
2012年 東京西徳洲会病院 形成外科
2013年 東京都立大塚病院 形成外科
2016年 杏林大学医学部付属病院 形成外科 助教
2018年 大塚美容形成外科 大宮院院長
2020年 東京中央美容外科

専門医・資格

日本形成外科学会認定形成外科専門医

自己紹介コメント

これまで形成外科専門医として大学病院や関連病院で、主に顔面外傷や骨折、唇裂などの先天奇形、乳癌や頭頸部癌切除後の再建手術、眼瞼下垂症をはじめとした加齢性変化に対する手術を行ってきました。
また、形成外科1年目から美容外科・皮膚科での外勤を担当したこともあり、形成外科と同時に美容医療にも並行して関わってきました。
そんな中で、保険診療である【形成外科】と自費診療である【美容外科】には境界線はないと思うようになりました。傷痕は見えないように、形態は左右対称で、自然できれいにするといった、美容的な部分にも拘ってきました。

形成外科領域では、日本頭蓋顎顔面外科学会認定頭蓋顎顔面外科専門医を取得し、主に頭蓋顎顔面外科という顔の骨格や輪郭、目や鼻などの構造といった、顔の見た目に関わる分野を専門としてきました。顔に関わる手術を行っていく中で、美容外科の知識やスキルは必須であると考え、大学からの出向という形で前職の大塚美容形成外科に勤務し、美容外科を基礎から叩き込んでいただき日本美容外科学会(JSAPS)認定美容外科専門医を取得することができました。
形成外科をやっていると、外傷などで壊れてしまった構造を元に戻すことや、他院で受けた美容外科手術の修正手術に携わることが多くありました。こういった手術では、詳細な解剖を正確に理解していることが必要不可欠です。これまでの形成外科での経験は、通常の美容外科手術だけでなく、他院の術後修正手術において、より役立つと考えます。

形成外科時代から『患者様を幸せにする』を信念に手術を行ってきました。なるべく小さい施術で最大限の効果を得られるよう努め、それぞれの患者様の状態に合った治療を提案させていただきます。やらなくていい施術は「やらないほうがいいよ」と言ってしまうかもしれませんが、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。

Q1. 先生が美容クリニックへの道を志されたきっかけはありますか?また、その際にTCBを選ばれた理由があれば教えてください。

A1. 学生時代の形成外科実習の時に、生命に関わることだけでなく、見た目に関わる分野も非常に重要であることを目の当たりにして、形成外科に進むことを決めました。形成外科1年目から美容外科・美容皮膚科の外勤が割り当てられたことから、形成外科と同時に美容外科にも携わるようになりました。こういった経緯から、保険診療である形成外科診療においてもただ治すだけではなく、より美しく、左右対称で自然な仕上がりを意識するようになり、形成外科のサブスペシャリティーとして美容外科を専門にしました。
前職は美容外科で院長をしていましたが、TCBは様々な手術を経験できることから転職を決意しました。入職後は色々な症例を経験することができ、また指導医の先生方からも丁寧にご指導いただける環境にとても満足しています。

Q2. ホットペッパービューティーではいわゆる「美容クリニック未経験」のユーザーも多いのですが、「美容医療は初めて」という方でも気軽にカウンセリングに行っていいのでしょうか?また、美容医療が初めての方に対するカウンセリングなどで心掛けていらっしゃることはあれば教えてください。

A2. 美容外科を受診するまでに、たくさん悩まれ葛藤される患者様が多いのではないかと思います。また、不安を持ったまま受診される患者さんもたくさんいます。
なので、カウンセリングではまずは患者様のお話を聞くことが大切にしています。患者様のお話をしっかり聞いて、お悩みを十分に理解した上で、美容外科として何ができるのかを提案するように心がけています。その結果、不要なものについては「しなくてもいい。」「やめたほうがいい。」と言ってしまうこともありますが…

Q3. 「こういった事に悩んでいるユーザーがいれば当院へ是非来て欲しい」というような、特にどういうことで悩んでいるホットペッパービューティーユーザーに相談に来てほしいですか?

A3. 形成外科を含め、美容外科に10年以上携わってきましたが、常に患者様一人ひとりにあった治療を提案するように心がけてきました。最近ではネットやSNSからいろんな情報を知ることができる一方で、多すぎる情報に惑わされてしまっている患者さんにお会いすることが度々あります。何が自分にとって適した治療なのか迷っている患者様には、ぜひ一度カウンセリングにお越しいただきたいです。
また、形成外科をやっていると、美容外科手術の失敗の修正を希望される患者さんが受診することがあります。他院で受けた美容外科手術の修正手術の経験もしており、術後の状態に心配がある方のお力にもなれると思いますので、ぜひ一度受診していただければと思います。

本内容の問い合わせ先
東京中央美容外科 池袋西口院

ようこそ、ゲストさん

ログインする

会員登録する(無料)

ネット予約で200ポイント、施術申込みでさらに1%たまる!